春といえば卒業式、お花見!イチオシの春ソングをオススメします

近頃は地球温暖化の影響なのか、4月上旬の入学式や入園式の頃には葉桜となっている、という話をチラホラ聞きます。桜には小さな花びらがハラハラと散ってどこか寂しげなイメージがあるので、やはり卒業式といった印象が強いです。
さて、昔から「桜」をテーマにした楽曲はたくさんありますが、これには日本人特有の情感を感じますね。卒業、あるいは別れの心境を切々と歌った歌詞が印象的な、森山直太朗さんの「桜〜独唱〜」。全国の学校の卒業式で歌われた人気の高い1曲です。
いきものがかりのメジャーデビューシングル、「SAKURA」。これは卒業を機に別々の道を歩むことになった友達へと、少し大人になってから思いを伝える、といった内容になっています。歌詞には、通学で利用していたであろう小田急線などのフレーズが出てくるのがリアルです。
「桜」というフレーズは出てきませんが、春ソングの中でも何気に人気の高い、GLAYの「春を愛する人」という楽曲があります。情景が浮かぶような歌詞で、これはイチオシです。アイフル 審査 流れ

こうした行動をしているとあやしまれてしまう事もあるが

新学期も始まって2週間は経ちましてクラスも慣れて来たかも知れないが特に入学式してきた生徒もいるのでそろそろだと思う所もあるがしかし、何かと思う所もあるが孤独も感じる時期になっているかも知れないと感じてしまう。

東京都内の中学校に通っている生徒が逮捕されたがその容疑が今どきの生徒にはこの様な考えをどう思っているのかわからない所だと思われている。

と言うのも友達の家に行った時に現金を盗んでいたがその金額が高額となったが盗んだお金でいろんな人に数万円配っていたがこの時に誰が気がついた人がいたのかわからなかったと思われている。

逮捕された生徒は「友達が離れてしまう」と言う事が理由となってしまったがなぜこの様な不安視をしていた事で犯罪を起こしたと言うが親もおかしかったと思う所ある一方で学校にも悩みがあったかも知れないという事になるがそこまで犯罪をしなければならないのか問題も難しい所だと思われている。

こうした行動が親にわかっていたのかどうなのか心配な事もあると感じれる事だと思われている。

今後は返済などこうした問題もあると感じられているかも知れないと言うがこの様な事は就職してからだと思う所もあるが中には年齢を隠してまで夜の世界に飛び込む10代もいるので今の時にちゃんとした仕事につけられるようにする事が大事だと思う所もあるがあってもおかしくはないと感じる。

この様な金額は中学生には贅沢だと思ってもいいかも知れないのです。