白髪は抜いてはいけないのはわかっているけど

歳を重ねるごとに自然と上がる白髪。白髪染めをすれば良いのでしょうが、手間がかかるし、ひときわお金がかかります。グングン目立って行く白髪。見つけるとつい抜きたい衝動にかられてしまい、駄目だとわかっていながらも抜いてしまう。引っこ抜くのではなく、毛根に近い所で切った方が良いと聞いたことがあります。真にやってみるとどうにも耐え難いのです。鏡を見ながらなので、左右程度のパターンが逆になるのでうまく出来ずイライラしてしまう。しかもようやっとなくなるシチュエーションになっても周りのヘアーが邪魔をして、白髪では乏しい髪まで切ってしまう時があります。そして特に抜いたときのほうが気持ちが良いのです。ハサミで下回るときのような煩わしさが乏しいし、それに悪いことをしてるなと負い目を抱きながらやってるので、その動きそのものに一種のスリルを覚えてしまったのかもしれません。
先自分自身が弱るだけなのに、白髪を見つけると下回るのではなく、何となく抜きたくなる。http://www.presto-tek.biz/musee-ryokin.html