とある若者の、停滞フィーリングで覆われたエアーを変えた勇気あるひと言

「他にお尋ねが無ければ注釈会はこの辺にして、希望者のみ入門手順に移らせていただきますが、好ましいですか」
 N・Mが注釈会を締めくくろうとすると、見慣れない表情が高らかに作戦を挙げている。
「わ、Y?」
横の女子が今にも腰を抜かしそうな面持ちで驚き。今の今まで講堂のすみでただ座り込んでN・Mの話を聞いていらっしゃるのみだったK・Yという寡言そうなティーンエイジャーは
「私、入門行う」
 きちんとそんなに言い残すと立ち上がって女子を一人残して、講堂の出入り口に通うなり黙々と靴を履き始めた。
「イヤッホー!」
 N・TとS・Kが作戦を叩いて拍手と共にK・Yを見送った。しかし、寡言なK・Yの発表はそれっきりだった。K・Yは立ち上がると、道場の注釈会に訪れたあなたの中でとにかく割高図体で礼すると、そのままみずから帰ってしまった。
 K・Yは天然の寡言なのか、わざわざ口を噤んでいたのかは分からず終いだったが、N・T、S・K、N・Hなどの色濃い面子の中でK・Yのようなティーンエイジャーがここぞという場合思い切って発言したのは全然勇気ある用だったとおもう。ヒゲ脱毛ミュゼ